グローバル リーダーシップ チーム

リンディ・スミス

グローバル・マーケティング シニア・バイスプレジデント

リンディ・スミスがヤング・リヴィングでのキャリアを積むきっかけとなったのは、彼女がヤング・リヴィングのカスタマーサービスの一員として入社した2001年に遡ります。
この第一歩が後に彼女のキャリア、そして人生にどれほど大きな影響をもたらすか、その頃は誰も予想だにできなかったでしょう。
リンディは社内のコンタクト・センターで9年間キャリアを積み、最終的にセンター管理を任されました。その後、自らの強い意思でマーケティング部への異動を申し出ました。

リンディは2017年にグローバル・マーケティング・シニア・バイスプレジデントに任命し、コンテント・マーケティング、広報、PR、ブランド・アウェアネス、グローバル・イベント、デジタル・マーケテイング、プロダクト・マーケティングといった数々の部署を統括、グローバル且つ戦略的にブランディングとマーケティング活動を推進しています。

リンディは休日ともなれば、ハイキング、ドライブ、旅行、写真といったアウトドアの他、家族や友達と共に楽しい時間を過ごすことが好きです。彼女のお気に入りのオイルは、ペパーミントとヤングシーブスです。またサヴィーミネラルズ、シードリングスシリーズを家族と一緒に愛用しています。

アーヴィン・ビショップJr. II

デジタル戦略 シニア・バイスプレジデント

アーヴィンはデジタルマーケティング、消費者インサイト、テクノロジーの分野において20年以上の経歴があり、業界で強い影響力を持つ人物の1人です。彼は消費者テクノロジー、マーケティング戦略をいち早く取り入れ、コカ・コーラ、AT&Tを始めとする多くの企業に鋭いメスを入れる等、数々の賞を受賞しています。コカ・コーラでデジタル・マーケティングの指揮を執っていた際には、FIFAワールドカップ、オリンピック、スーパーボールといったスポーツ界の一大イベントにおけるプロモーション・キャンペーン活動を率いていました。

アーヴィンは部下一人一人の育成、オープンなコミュニケーション、ビジョンの共有、楽しい職場作り等、幅広く気を配り、調和のとれたチームワーク作りに熱心に取り組んでいます。また慈善活動へも積極的に参加しています。恵まれない子供たちの心のケアを行うほか、数々の教育、慈善活動団体の理事会員として奉仕活動を行っています。非営利団体ハビタット・フォー・ヒューマニティーでは、貧困により過酷な環境で暮らす家族のために家を8軒建て、アメリカアトランタ州にあるYMCAでは長年理事会の一員として奉仕活動を行っています。アーヴィンはヤング・リヴィングで働く理由を次のように語っています。

「ヤング・リヴィングは有言実行の会社です。また、人々の健康と幸せにこれだけ尽力している会社はそう多くありません。YMCAでの奉仕を通して家族の健康と幸福にこだわり続けてきた私にとって、ヤング・リヴィングはうってつけの会社でした。」アーヴィンの趣味は、ランニングやゴルフ、読書、バスケットボールです。彼のお気に入りのオイルはバニラ・ライムブレンドで、長時間働いた後のリラックスタイムに愛用しています。

アイリーン・フランドセン

出版・ドキュメント管理部 バイスプレジデント

出版・ドキュメント管理部 バイスプレジデントとしてのアイリーンの役割はヤング・リヴィングの資料やドキュメントの管理、変更、編集、最終確認を行うことです。

ビジネス界での経験は20年以上、ヤング・リヴィングでの経歴は10年以上になります。
アイリーンは大学レベルの教育機関で25年間教鞭を取っており、ブリガムヤング大学では7年間マネージメント・コミュニケーションを教えていました。
彼女はゲリー、メアリー・ヤング夫妻に関する著書の熱心な協力者で、Gary Young: The World Leader in Essential OilsAncient Einkorn: Today’s Staff of Lifehe One Gift等の作品に携わってきました。

彼女は8人の孫と過ごす時間が大好きで、家庭菜園で採れた野菜から一緒に保存食作ったり、本を読み聞かせたりして楽しんでいます。
お気に入りのヤング・リヴィング製品はボスウェリア リンクルクリーム、ジェネシス ハンド&ボディーローションクール アズール スポーツジェル、そしてシーブス全製品だそうです。

ジョー・ウォーカー

グローバルITオペレーション バイスプレジデント

ジョーはヤング・リヴィングに12年勤め、その間本社新社屋、農場におけるITシステム運営、24時間のサポートシステム、IT関連の特別プロジェクト、グローバルでのセキュリティー等に関わってきました。世界中に点在するヤング・リヴィングの農場やオフィスのITシステムに関する見識をもとに、新たなITオペレーション運営の推進に貢献しています。

企業に勤める前は、起業家精神を生かして印刷機の会社を立ち上げ、成功へと導きました。
その後、ワードパーフェクト、ノーベル、ネイチャーズ・ウェイといった企業のIT分野で成果を収め、数年前からヤング・リヴィングの一員として活躍しています。IT関連分野で25年以上の経歴を持つジョーは、ヤング・リヴィングのグローバルITオペレーション バイスプレジデントという役職にふさわしい人物です。

ジョーはヤング・リヴィングの使命に強く共感しており、愛用しているオイルはヤングシーブスラベンダー、オーストラリアンブルーです。趣味は、アウトドア、モーターサイクル、スノーボードで全米プロバスケットボールチームのユタ・ジャズのサポーターでもあります。

マーク・バルスタート

ソフトウェア・エンジニアリング バイスプレジデント

ソフトウェア・エンジニアリング バイスプレジデントであるマークは、ソフトウェアとテクノロジー分野で20年以上にわたってキャリアを培ってきました。これまではジェットブルー航空、1-800 CONTACTS、グラシズ・ドット・コムといった企業の小売りや、直販向けデジタル技術サポートとソフトウェア開発に携わっています。直近ではヴィヴィント・スマート・ホームセキュリティー会社でテクノロジー バイスプレジデントを務めました。

彼の中でテクノロジーへの情熱が生まれたのは12歳の頃。ソフトウェア開発に興味を持ち始めたのがきっかけです。今日に至るまで、デジタルブランドの確立、営業の拡大、顧客体験、社員体験の向上といった目標を企業が達成するために必要なソフトウェアの開発と確立に貢献してきました。
彼のテクノロジーへの思いは強く、技術者を支えることが最も重要だと考えています。
機能性に優れたソフトウェアの開発チームとシステムを作るだけではなく、開発者一人一人の強みを培うことに情熱を注いでいます。また一人で働くよりもチームで働くほうが何倍もの力を発揮できると考え、部署間の壁を越えた協働を可能にするソフトウェアの開発を目指しています。マークの情熱はコンピューターやソフトウェアにとどまらず、ランニング、読書、ボート等の趣味へも向けられ、家族との時間も楽しんでいます。

マークは妻のエミリーさんと7人の子供たちと一緒にユタ州のミッドバルに在住し、7人のうち3人を養子として迎えています。マークがヤング・リヴィングでの仕事に生きがいを感じられるのは、ヤング・リヴィングが人々の生活向上に影響を与えているからです。マークお気に入りのヤング・リヴィング製品は健康をサポートしてくれるニンシアレッド、気分を落ち着つかせてくれると同時に元気づけてくれるヤングヴァラーブレンドオイルです。

トッド・ウォーカー

グローバル・セールス&ビジネス・イノベーション バイスプレジデント

トッドはアムウェイで培った食品栄養イノベーションやブランド管理分野における直販、ヘルス・ウエルネスの経験を持ってヤング・リヴィングの一員に迎えられました。P&Gやジョンソン&ジョンソンでの経験と、デューク大学でMBAを取得したトッドは、グローバル・マーケテイング、ブランドマネージメント、新製品開発、サプライチェーンと戦略的プランニングにおいて確固たるリーダーシップを発揮しています。

リーダーの才能だけではなく、グローバルブランドの立ち上げ、ウェルネス・ソリューションの構築、エージェンシー管理、市場調査の実行、営業やブランド担当チームと共にグローバル・マーケテイングや事業プロジェクトの開発・実行といった現場での経験も持ち合わせています。
仕事以外の時間は、若者の育成やスキー、テニスに費やしています。

シェーン・スミス

グローバル・コンテント・マーケティング バイスプレジデント

シェーンの約20年にわたるマーケテイング分野のキャリアは、彼のストーリーテリングに対する熱い思いをなくしては語れないでしょう。2010年より、ヤング・リヴィングのブランド力の改善、グローバル・コミュニケーション戦略の設定、コンテント・マーケテイングの推進を通じて、ヤング・リヴィングを信頼できるエッセンシャルオイル業界のリーダーへと押し上げ、会員の方々への情報発信のあり方を改善してくれたのです。

彼は、「適切なストーリーを適切な方法、適切なタイミングで提供することが何よりも重要だ」と語ります。ブリガムヤング大学を卒業。スペイン語が得意で、フォーブス・コミュニケーション・カウンシルのメンバーでもあります。会員の方々により良い変化や豊かさを提供するヤング・リヴィングを、ショーンは心から支持しています。

彼はヤング・リヴィング製品のファンでもあり、ニンシアレッドを運動前に飲用し、オフィスでは人気ブレンドオイルの香りをディフューズするなどして愛用しています。
また、生まれ育ったユタ州の美しい山々をハイキングやスキーで堪能することも大好きです。
ヨガ、執筆、読書、音楽、旅行、ファッション、食事を趣味としています。
休日にはなるべく2人の息子と過ごすようにしています。

ブリタニ―・ランバート

グローバル・イベント・ バイスプレジデント

ブリタニーは真面目で熱心な性格から、メンバーサービスマネージャー、IT品質管理技士、グローバル・イベントのシニア・ディレクター等、様々な役職をこなしてきました。
そして今や、グローバル・イベントのバイスプレジデントです。これまでブリタニ―はそのやる気と独創的なアイディアを、人々が驚くようなイベントの企画に注いできました。彼女はヤング・リヴィングでの仕事に喜びを感じています。というのも、会社の理念と、前向きな価値観に心から共鳴しているからです。

ブリタニ―は、スタートアップの営業とマーケティング担当バイスプレジデントを経験したことがあります。スタートアップのようにテンポが速く多面的な要素を持った会社での経験は、ヤング・リヴィングのように大規模でありながら挑み続ける会社においても強みとなっています。
仕事以外では、スポーツが大好きなブリタニ―。

高校時代は、ソフトボール、バスケットボール、バレーボール等のチームスポーツを楽しむ一方、応援チームや陸上競技チームの一員でもありました。彼女には2人の息子がおり、家族のお気に入りオイルは、ペパーミント、アールシーとバニラ・ライムブレンドだそうです。

ジェイソン・デュウィー

グローバル・プロダクト・マネージメント バイスプレジデント

ジェイソンは、プロダクト・マーケティング・マネージャーとして製品開発の推進・調整を担当、プロジェクト・マネージャーとして新製品市場導入を管理、更にはプロダクト・マネージメントのシニア・ディレクターとして600種類以上のYL製品開発管理を担当したりと、約10年にわたり、ヤング・リヴィング製品に関わってきました。グローバル・プロダクト・マネージメントのバイスプレジデントとなった今では、YL製品の開発、市場導入、管理におけるグローバル戦略を牽引しています。

ヤング・リヴィングに入社したのは2009年。その前はユタ・バリー大学で取得した企業経営の学位を活かし、小売り管理、財務やオペレーションの分野で活躍していました。
ジェイソンによると、ヤング・リヴィングに情熱を注ぎ続けられるのは、社員同志の結束が強く、皆が自分と同じように、健康と幸福に興味を持っているからだそうです。
グローバル・プロダクト・マネージメントのバイスプレジデントとなった今では、YL製品の開発、市場導入、管理におけるグローバル戦略を牽引しています。ヤング・リヴィングに入社したのは2009年。その前はユタ・バリー大学で取得した企業経営の学位を活かし、小売り管理、財務やオペレーションの分野で活躍していました。ジェイソンによると、ヤング・リヴィングに情熱を注ぎ続けられるのは、社員同志の結束が強く、皆が自分と同じように、健康と幸福に興味を持っているからだそうです。また、ジェイソンが喜びを感じる瞬間は、新製品を出す際、製品開発・製造・発表に至るまで懸命に努力してくれた人々のことを思い出しながら、社員の新製品に対する反応を見ている時だと言います。


彼はスペイン語の他、南米先住民の言語であるグアラニー語を話すことができます。ジェイソンの楽しみは家族との団欒や旅行、トライアスロンやマラソンのトレーニングに汗を流すことです。トレーニング中、彼はロールオン ペパーミントブレンドを愛用しています。トレーニング以外ではロールオン バニラ・ライムブレンドを常に携帯しています。

サラ・ビョガード

ビューティー・エッセンシャルズ バイスプレジデント

ダイレクトセールスの分野で約25年にわたる経歴があるサラは、
テイストフリー・シンプル、メラルーカ、プレクサス・ワールドワイドといった企業の優秀なセールス部隊をリードしてきました。ヤング・リヴィングの一員となる前は、グローバルセールスのバイスプレジデントの役職を担っており、グローバル・フィールド・コミュニケーションやSNSに様々な方向から関わり、セールス・インセンティブを企画、実行、セールスツールの開発とその使い方の教育、フィールド営業リーダーたちの教育と新規ビジネスの開発等の活動を指揮してきました。さらに、新人研修・育成、セールス分析、顧客維持、アメリカ発の国際営業等の指揮監督も経験しています。

さらに、新人研修・育成、セールス分析、顧客維持、アメリカ発の国際営業等の指揮監督も経験しています。また外部エグゼクティブとして、14年以上メアリー・ケイ化粧に勤めました。ここではスキンケアやメークアップに関するトレーニングを行ったり、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの外部コンサルタントに対してビジネス拡大戦略の教育を行ってきました。サラはミネソタ州のリッジウォーター大学で美容と企業の営業に関する学位を取得しています。美容に関心があることから、ヤング・リヴィングでの仕事に意欲をもって取り組んでいます。

サラは子供の頃、森林農場で育ち植物や動物の世話をして小遣いを稼いでいました。
大地から人間の健康の源をくみ取ることを真摯に学んできた彼女にとって、ヤング・リヴィングが掲げるミッションは自身の思いと重なっているのです。
自然を愛する一方で、人と関わりリーダーシップのスキルを育てたり、ビジネス構築のためのコーチングをする事にも情熱を抱いています。

休日は家族と過ごしたり、造園やインテリアを趣味としています。サラのヤング・リヴィングお気に入りのオイルは、ロールオン バニラ・ライムブレンド、サビーミネラルズ リップグロスです。ダイレクト・セールス・とヤング・リヴィング製品への熱い思いを、めぐり合う全ての人々と分かち合うことを常に望んでいます。

トロイ・モア

グローバル製造・フルフィルメント・戦略的ソーシング バイスプレジデント

トロイは3年前からヤング・リヴィングの自社工場、67の契約工場、世界17か国で製品格納やフルフィルメントを行う戦略的原料調達チームのリーダーを担っています。
彼はここ30年間、一貫して企業のオペレーションと製造に関わってきました。関わった企業は、食品、医療、パーソナルケア、ベンチャー企業、重工業・自動車と多種多様です。また世界を股にかけ、新規ビジネス・新製品の立ち上げ、新規市場の開拓を手掛けてきました。経営管理の学位をルイス大学から受け、その後シカゴ大学でMBAを取得、また、ディポール大学からは購買管理の資格を取得しています。

これまでに住んだ経験がある国は3か国、旅行では全米50州のうち46州を制覇、仕事で訪れた国は42か国に上ります。家族は妻のジュリーと子供4人で、現在ユタ州のドレイパーに住んでいるトロイ。頼りにしているオイルはセイクレッドサンダルウッドです。

ジュリー・ハンター

コンダクト・サクセス バイスプレジデント 兼コンプライアンス・オフィサー

ジュリーは20年にわたるリーガル・コンプライアンス分野での経験を、2013年にヤング・リヴィングにもたらしてくれました。彼女は入社以来、社員、顧客、ベンダーがそれぞれ、ヤング・リヴィングの規定、規則、基準に従いながら最も効率よくパフォーマンスができるよう、様々なプログラムを開発してきました。ジュリーが立ち上げたプログラムで特筆すべきは、コンダクト・サクセス・チームの設立でしょう。ここでは、コンプライアンスを遵守しながらビジネスを行いたいと考えている会員の方々が相談しやすい環境と、わかりやすい情報の提供を行っています。また彼女は「Seed to Seal」の重要な柱のベンチマークの確立も行っています。

大学の非常勤講師として働いたのち、ジュリーはミセス・フィールズ、ネイチャーズ・サンシャイン、シナジーワールドワイド等といった企業のリーガル部において、コンプライアンス、紛争解決等の法にまつわる数々の複雑な取引に貢献してきました。更に就業規則、法律、契約等の変更、草案作り、教育と、実行にも関わってきました。彼女はヤング・リヴィングの社員と会員の方々との絆を大切にしています。思いやりの心を持ち、彼らに貢献したいと考えています。結婚生活30年を迎えるジュリー。5人の子供たちはすでに成人しており、もう3人の孫がいます。

世界を旅したり、会話を楽しんだり、時間を見つけては家族と共にハイキング、キャンプ、ボート乗り、ドライブを楽しむのが好きです。
ジュリー愛用のオイルはペパーミント、ぺパーミントブレンド、バニラ・ライムブレンドそしてラベンダーです。

プラサッド・ガンカンダ

グローバル・サプライチェーン バイスプレジデント

プラサッドは私たちヤング・リヴィング・ファミリーにとって貴重な存在です。私たちのグローバルオペレーションが著しい進歩を遂げ、会員の方々のヤング・リヴィングに対する関心に大きな影響を与えたのは、プラサッドのグローバルオペレーションにおける功績と言えるでしょう。
彼のスキルと影響力のお陰で、世界的な欠品状況は劇的に改善され、製品発送の質と配送時間、在庫状況や在庫予測等、オペレーション全体が改善されました。

素晴らしい実績に加えて、周囲の人々を感化させる熱意により、会員の間でも有名人です。
彼の昇進により、今後も一流のサービスと世界レベルのオペレーションサポートを提供してくれるでしょう。また新たなマーケットを開拓することによってアジア太平洋地域のオペレーションを次のステージへと引き上げてくれるはずです。
新たな役職においても、お気に入りのオイル、バニラ・ライムブレンドとジャスミンのサポートで、さらに素晴らしい活躍が期待されます。

マーク・ハリス

グローバル・ファーム バイスプレジデント

マークは2014年7月、ヤング・リヴィングのパイロットとして入社し、プライベートジェットの操縦と管理を任されていました。D.ゲリー・ヤングと共にヤング・リヴィングの自社農園を飛び回り、ゲリーと肩を並べて働く機会を得たことで、多くの種類の植物に関する植え付け、収穫、オイルの抽出等について彼から直接学ぶことができました。その後、ゲリーの負担を軽減するため、農場関連の仕事を担うことになり、2015年にはグローバル農場プロジェクトのディレクターに就任しました。2018年初めにはグローバル・ファーム バイスプレジデントへと昇進しています。

マークはニューヨーク州立大学の卒業で、計量飛行の資格を持つパイロットとして、Mitsubishi 300やチャレンジ600等、様々なマルチエンジン事業用飛行機を操縦してきました。彼の趣味はバイク、スキューバダイビング、ボートとハンティングです。
5人の子供と6人の孫がおり、バグズと呼ばれる愛犬を親友のように大切にしています。
マークが愛用しているYL製品はニンシアニトロで、飛行中、集中力と認識力を保つのに役立つそうです。また、ブレンドオイルピースアンドカーミング、シーブスの香りがお気に入りです。

ガブリエル・サンチェス

ラテン・アメリカ担当社長

ガブリエルはメキシコ南部で生まれ、大学とロー・スクールを卒業するまでメキシコで暮らしていました。
2001年に法の知識を更に深めるためアメリカへ渡り、その後12年にわたって国際法に携わりました。
ヤング・リヴィングへは2015年に入社。ラテンアメリカのビジネスと新規マーケット開拓に大きく貢献しています。ガブリエルはヤング・リヴィングの世界市場開拓に情熱を注いでおり、国際市場での10年以上に及ぶ幅広い経験を国際舞台で発揮しています。ヤング・リヴィングの戦略的成長に直接関わっているガブリエルにとって、豊かさと幸福を世界中に届けることは大きな目標の一つです。

社員の成長を促し、ヤング・リヴィングが国際舞台において更に大きな存在になれるようサポートできることに大きな満足感を得ています。
ガブリエルは食事や新しい人々との出会い、旅行、サッカー観戦、家族との時間を楽しんています。彼のお気に入りのオイルはシーブス。ニンシアレッドも愛飲しています。

タイ・トールマン

アジア太平洋地区 担当社長

ダイレクトセールスとグローバル市場管理に16年の経験があるタイは、アジア、ヨーロッパにある32か国以上の市場開拓・開発に成功するという素晴らしい業績を達成しています。2005年から駐在したことがある国は5か国にのぼり、これまでの10年間はアジア駐在員としてウエルネスに関心を持つ会社、メラルーカでバイスプレジデントを務めてきました。彼は学ぶことに非常に熱心で、ブリガムヤング大学で国際経済の学位を取った後、UCLAでMBAを取得、その後シンガポール大学でもMBAを取得しています。

現在、奥さんのタニヤと4人の子供と一緒にマレーシアのクアラルンプールに住んでおり、地元のコミュニティー活動に力を入れています。また、フィットネスに非常に熱心で、スポーツジムを経営。週末は子供たちのラグビーチームで指導を行っています。
ヤング・リヴィングでは、世界的に高品質な製品を流通させることで人々の生活とコミュニティーが良い方向へと変化するよう献身的に取り組んでいます。

ピーター・フォス

EMA (ヨーロッパ、中東、アフリカ)担当社長

USANAでは国際担当エグゼクティブ・ディレクター、メラルーカでは国際担当シニア・バイスプレジデント、マックス・インターナショナルでは地区担当社長を務めることにより、グローバルでのネットワーク・マーケティングの経験を積みました。職歴は国際マーケティング分野にとどまらず、GM、3M、パパジョンピザ、フォードといった大企業を顧客として、「7つの習慣」で有名なステファン・コービーのリーダーシップ・コンサルタントを約7年間務めました。

また、オデンセ大学、ウエストミンスター大学、ユタ州立大学においてアントレプレナー精神、ビジネス戦略、リーダーシップについて、企業エグゼクティブのMBA生徒を相手に教鞭を取っていた経験もあります。

ピーターのお気に入りのオイルはフランキンセンス。ニンシアレッドを愛飲しています。

ロリ・バーガー

北米担当社長

ヤング・リヴィングに情熱とエネルギーを注ぎ込んでいるロリは、セールスとマーケティング分野で20年以上の経歴があります。北米担当社長になるまでは、カナダのヤング・リヴィングで、マーケテイング・コミュニケーション部のディレクター、カナダ支店・支社長を務めていました。
その間、ロリはカナダ市場の売り上げを55%上げることに貢献し、ヤング・リヴィング本社とカナダの会員との連携が強化されました。また、ヤング・リヴィングの会員がより良い結果が得られるよう、セールスのツールやビジネスが成功するためのサポートを積極的に提供しています。そのおかげでカナダのメンバーは、これまでにない速さでランクアップを達成していったのです。

ロリはヤング・リヴィングの製品を愛し、ビジネスの成功を目標に頑張る会員を指導し、アドバイスを与えることに生きがいを感じています。デザインの学位を持っていることから、問題解決にはクリエイティブな姿勢で臨みます。

ヤング・リヴィングで仕事をする前は、トラベル・アルバータやその他代理店で、サンライプ、ホンダといった大企業向けの業務を請け負い、多くのクライアントがその仕事ぶりを称賛しました。
自分のチームが成長するよう常に指導を行っているロリですが、休日はご主人と2人の娘たちと一緒にスキーやヨガ、ハイキング、音楽を楽しんだり山でバイクに乗ってリフレッシュしています。
彼女のお気に入りの製品はニンシアレッド。冒険好きで活発なロリの家族にぴったりの製品と言えるでしょう。

ジェフリー・ピアソン

アメリカ合衆国 ゼネラルマネージャー
jpearson@youngliving.com

ジェフリーは2016年3月にヤング・リヴィングのセールスの一員として迎えられ、創造性と豊かさを武器にリージョナル・セールス・ディレクター、シニア・ディレクター等、数々の役職を担ってきました。ヤング・リヴィングは高い品質を守りながらも、常に会員の皆さまに新鮮さと進化を感じてもらえるよう尽力していますが、彼はその達成に向けて自身の柔軟性を活かしながら大変重要な役割を果たしてくれています。また、ヤング・リヴィングのリーダーたちがそれぞれの目標を達成できるよう、リーダー開発プログラム、トレーニング、イベント戦略、リーダーサポート構築等、フィールドにフォーカスした明確な戦略設定に取り組んできました。

ジェフはダイレクト・セールスに熱意を持っており、この分野で12年以上の経験があります。
マーケティング分野で学位を取った後ダイレクト・セールスの世界に入り、ビジネスプランの作成とその分野で働く人々に対して情熱を持つようになりました。そしてこの勢いある市場のセールスとマーケティングに携わることにより、会員の皆さまがそれぞれの目標を達成し、能力を十分に発揮できるようサポートすることに情熱を注いでいます。彼は人々の生活の向上とヘルシーなライフスタイルの維持が大切であると考えています。

ジェフリーと妻であるナタリーは結婚13年。ブランリー、ハリー、エリー、アヴリーという名前の4人の娘がいます。趣味はゴルフやウェイクサーフィン、ボート、テニス等、屋外で行う活動が好きで、ブリガムヤング大学のスポーツチームとユタジャズの大ファンでもあります。
会員の皆さまに強い愛情を持ち、ヤング・リヴィング・ファミリーの一員であることを心から誇りに感じています。彼が愛用するヤング・リヴィング製品は、ニンシアレッド、シーブス、そしてフランキンセンスです。


クリスティン・トッド

オーストラリア支社長
ktod@youngliving.com.au

クリスティンは業界で18年以上の経験を持ちますが、ディストリビューター、ビジネス開発・セールスのリーダーとしてフィールドとコーポレート両方の経験を持っています。2014年からヤング・リヴィングに在籍しており、ヤング・リヴィング・オーストラリアの増収とオーストラリア本社のシドニーへの移転プロジェクトを牽引してきました。彼女はメンバーのビジネス構築と、目標達成のサポートに熱心です。

多くの人から支持されるビジネスへのアプローチと、人間味溢れるメンタリングやマネージメント手法に人々は魅力を感じると同時に励まされています。クリスティンのお陰で、ヤング・リヴィング・オーストラリアは、オーストラリアで最も大きなネットワーク・マーケティング会社に成長したのです。

ご主人と息子さんとの時間を楽しみにしているクリスティンですが、
ジュエリーデザインの趣味もあり、オークションで購入したジュエリーを自分流にアレンジする楽しみもあります。クリスティンがヤング・リヴィングのラベンダーエッセンシャルオイルを使い始めたのはヤング・リヴィングで働き始める前に遡り、いつも就寝前に使っていたそうです。

タイラー・ウィリアムズ

香港・台湾支社長
tyWilliams@youngliving.com

2009年からヤング・リヴィングでのキャリアをスタートさせたタイラーは、現在大中華圏におけるカスタマーサービス、物流、サプライチェーン、セールス、マーケティングを含む数々のオペレーションの統括を行っています。ネットワーク・マーケティング分野での経験のみならず、アジア地区オペレーション管理、製品開発とマーケティング、戦略的ビジス計画構築と実施等を中心とした国際ビジネスの分野でも幅広い経歴を持っており、新規市場開拓において重要な役割を果たしています。タイラーが担当する地域のセールスは右肩上がりで、ヤング・リヴィングにおけるトップ3マーケットにまで成長しました。

彼は業界での経験のみならず、アジア地区オペレーション管理、製品開発とマーケティング、戦略的ビジネス計画構築と実施等を中心とした国際ビジネスの分野でも幅広い経歴があります。

奥さんと2人の娘と一緒に過ごす時間を楽しみにしており、バスケットボール、ウォーターボード、ハイキングやロッククライミングを趣味としています。彼の健康的なライフスタイルをサポートしているのがシーブス ヴァイタリティです。

黄木 悠

日本支社長
yohki@youngliving.com

黄木は日本人でありながら、グローバルな視点を持ち合わせるため、グローバル展開を目指す企業にとって非常に貴重な存在です。
2014年にヤング・リヴィングへ入社して以来、現在のポジションに就くまでに、オンライン・マーケテイングのディレクター、グローバル・セールスとビジネス・イノベーション分野でのディレクターを経験しています。どの役職においても、会員一人ひとりがしっかりとしたビジネスを構築できるよう、ツールや助言を与えたり、やる気を起こさせることに焦点を当ててきました。

彼とダイレクト・セールスとの関わりはマネージメントにとどまらず、ディストリビューターとしての経験もあります。現場での経験がある彼だからこそ、誠実な態度で人々と関わり、モチベーションを喚起しながら問題解決へのソリューションを提供することができるのです。

黄木のお気に入りのオイルはペパーミントと、シトラス系のオイルです。特にシトラスフレッシュとレモンです。
また、心を落ち着かせることによって元気を取り戻しリセットさせてくれるロールオン ペパーミントブレンドやフランキンセンスを愛用しています。

テント・オールデイ

フィリピン支社長

テントは30年以上もの間、フィリピンの大手保険会社、ダイレクト・セールス会社における指導者として、マネージメントを統率してきた素晴らしい経歴の持ち主です。大きな変革を興しながらも、ビジネスの基本をパーフェストなまでに磨き上げ、優秀な社員のやる気を維持しながら企業を成長軌道に乗せることができる才能と情熱を持っています。フィリピンのメリー・ケイにいた約7年の間、154%の増収、184%の会員登録増、128%のリーダー会員増を達成するという大きなビジネス変革を達成しました。彼は、リーダーは部下に仕えるべきといったサーバント・リーダーシップに共感、実践しており、成功には倫理、価値観、信念が大切であると考えています。

ヤング・リヴィング・フィリピンの支社長として、ラベンダーやペパーミント等お気に入りのエッセンシャルオイルの香りの恩恵を感じながら、さらなる邁進を目指しています。

カレン・コルネホ

シンガポール支店長
kCornejo@youngliving.com

カレンは2011年にヤング・リヴィング・シンガポールオフィスがオープンした当時、東南アジア地域のセールス・マーケティング・ディレクターとして活躍していました。彼女は担当地域の隅々にまでヤング・リヴィングの熱意を浸透させ、シンガポール市場を継続的な成長軌道に乗せるべく、想像力と創意工夫をもって様々なプロジェクトをてリードしてきました。

カレンはラサール大学でファイナンスの学位を取得、その後シンガポール・マネージメント大学でMBAを取得しています。2003年よりフィリピンのエイボンやアムウェイでダイレクトセールス業界のキャリアを積み、ヤング・リヴィングではそれまでに培ったセールス・マーケティング分野での豊富な経験を発揮してくれています。

ヨガをこよなく愛し、一日たりとも欠かしたことがありません。ヨガ熱が高じてヨガ講師の資格を取得、機会があればヤング・リヴィングの製品を利用したヨガの指導を行っています。彼女のお気に入りのオイルはアイダホ・ブルーススプルース。瞑想や内にある想像力を呼び覚ますために使うそうです。

ブラディ・フルブルック

マレーシア支社長

ブラディはベライゾン・ワイヤレス、ベスト・バイと言った企業が世界各国に設置しているコンタクトセンターの立ち上げと統括に15年以上費やしてきました。
4年前に会員サービス部の担当としてヤング・リヴィングの一員となり、ユタ州にいる約800名のスタッフと世界各国の100にのぼるエージェントで構成された会員サービス部の機動力として、部を成長に導いています。また彼が率いる会員サービス部は、2017年にカスタマーサービスの分野で権威あるスティービー・カスタマー・サービス・アワードの一位を獲得、翌年2018年には同賞の社員カルチャーとエンゲージメント部門での受賞を果たしました。

ブラディーがグローバル・メンバー・サービスのトップに就任してからまずはじめに取り組んだのがマレーシアとアジア太平洋地域のメンバー・サービス部の監査と改善でした。彼のこの取り組みが功を奏し、マレーシアとアジア太平洋地域のメンバー・サービス部は目を見張る変革を遂げています。これらの取り組みを通じて、マレーシアでの活動において必要となる知識、またマレーシアの会員の皆さまとの強い人間関係の構築を実現させた功績により、この地域を統括する今のポジションに任命されました。

マレーシアのヤング・リヴィング社員をリードしているブラディーは、奥さんのシンシアと2人の子供と一緒にマレーシアで暮らしています。彼は家族全員がヤング・リヴィング製品を手放すことができないと言います。お気に入りはダイガイズ、ペパーミントそしてグレープフルーツだそうです。

トラビス・ミラー

エクアドル 支店長

トラビスのヤング・リヴィングでのキャリアは2015年にスタートしました。入社当時、ブランド・アンバサダー管理マネージャーや個人輸入マネージャー等の役職についていましたが、国際ビジネス分野での知識を武器となり、有能なリーダーとして次第に認められていきました。エクアドル支店長という新しいチャレンジを与えられて以来、これまでに培った知識やスキル、熱意を持って南米の会員をまとめています。エクアドル支店長という新しいチャレンジを与えられて以来、これまでに培った知識やスキル、熱意を持って南米の会員をまとめています。

トラビスはユタバリー大学で国際ビジネスの学位を取得、その後ウエストミンスター大学でMBAを取得し、積極的に知識を身に付けました。更に約7年の間、ファイナンス、ダイレクト・マーケティング分野でアントレプレナーとして活躍した経験があり、これらの知識と経験がエクアドルにおけるヤング・リヴィングの目標達成への取り組みに大いに貢献しています。

彼は社員や会員が持てる限りの能力を発揮できるよう、メンタリングを行ったり、励ますことを大切にしています。休日は奥さんのジェシーと2人の息子たち、ジュリアンとローマンと一緒に過ごしています。また、運動をしたりスポーツイベントに参加することが良い息抜きになっているそうです。毎日のトレーニングで活躍するアールシーがお気に入りのオイルというのもうなずけます。また、旅行の時はライフ 9を携帯し、世界各地の名物を楽しんでいます。

マニュエル・ラミレス

メキシコ支社長

マニュエルとヤング・リヴィングの関係はユニークです。
マニュエルが初めてヤング・リヴィングを知るきっかけとなったのは1997年にまで遡ります。その頃、創設者である故D.ゲリー・ヤングとビジネスパートナーの可能性を模索していました。
パートナーシップの話は実現しませんでしたが、マニュエルは今こうしてヤング・リヴィングの一員として活躍できることをを大変喜んでいます。

彼はダイレクト・セールス業界で24年以上の経験があります。大学では化学と薬理学を専攻。卒業後はセールスとマーケティングの道に進みます。モリンダ、4ライフリサーチ、マーケット・アメリカ、ジュネスグローバルといった企業で、セールス・マーケティング部の統括、ゼネラルマネージャーのポジションを経験しました。

好きな分野を追求しながら家族との時間も十分にとれる今の仕事を大変気に入っています。
結婚生活も23年を迎え、2人の可愛い娘もいます。普段はメキシコ市場向けの営業戦略をたてるのに忙しいマニュエルですが、休日はボート、演劇鑑賞、そして家族や友達との時間を楽しんでいます。彼のお気に入りのオイルは、ミントとシトラス系のオイルです。
それ以外にもロールオン ペパーミントブレンドブリーズアゲンやラベンダー・ミントシャンプーを好んで使っています。

カルロス・ロペツ・オルテガ

南米コロンビア支社長

この度南米コロンビアの支社長に就任したカルロスは、国際市場において25年以上の経験を持っています。カルロスはレッド・ブル、コカ・コーラ、ティエンポ、レキットベンキンザーといった国際企業の南米における代表を務めてきました。また、ハーバライフ、ZRII, ネイチャーズ・サンシャインなどダイレクト・セールス分野での経験も持っています。

語学堪能なカルロスは、英語、ポルトガル語、スペイン語の3か国語を話し、ビジネスと経営の修士号、企業経営の博士号を取得しています。カルロスは自身の幅広いビジネス経験を活かし、ヤング・リヴィングの国内外での成長に貢献してくれるでしょう。また、世界の全てのご家庭にエッセンシャルオイルをお届けしたいという私達のビジョンに大きな期待を膨らませています。

カルロスのお気に入りのヤング・リヴィング製品は、ジャーニーオン、ニンシアレッドと一連のスリーク製品です。趣味は新しい人々と出会うこと、読書、水泳、武道。奥様ジャクリーヌさん、2人の娘さん、ローラさんとサラさん、そしてユリシーズという名前の愛犬と一緒に過ごす時間を何よりも大切にしています。

ディア・アユ・マンティリ

インドネシア 支店長
dmantili@youngliving.com

「ティリ」の愛称で知られるディアは母国のインドネシアでグローバル経営の分野で様々な経験を積んできました。
タイ、フィリピン、マレーシア、パキスタンでのダイレクト・セールス経験もある業界のベテランです。ヤング・リヴィングの一員となるまでは、インドネシアの大手ダイレクト・セールス会社にてバイスプレジデントを務めていました。
彼女はフィールド・エンゲージメントに深い見識を持っており、他にはない彼女の強みと言えるでしょう。皆が自身のビジネスを拡大、向上させていけるようサポートすることに大変熱心です。
ヤング・リヴィング製品の素晴らしさと、家族のような企業文化に惹かれて、2017年に入社しました。普段はヤング・リヴィング会員のサポートに情熱を注ぐことで忙しいティリですが、のんびりと読書をしたり、バニラ・ライムブレンドを部屋にディフューズして休日を楽しんでいます。

ヴァンス・ユーアン

台湾 支店長
vyuan@youngliving.com

ヴァンスは製薬、日用消費財、ダイレクト・セールスの分野における幅広い経歴を持っています。
台北医科大学で2000年にサイエンスの学位を取得し卒業。その後同大学大学院で調剤学の修士号を取得しました。

2003年に大手製薬会社メルクの子会社であるMSD台湾に営業職で入社。2006年には同会社のプロダクト・マネージャーに昇進しています。2009年、仏系バイオテクノロジー会社サノフィのヘルス&ライフ部門にプロダクト・マネージャーとして引き抜かれ、2014年5月からは、ニュースキンの大中華圏担当教育ディレクターポジションへ就任。一年未満で台湾と香港のマーケティング部を統括することになりました。2016年には、健康関連商品やグローバル市場に関する深い見識を持ってヤング・リヴィングの一員となり、現在、台湾のヤング・リヴィングを大きな成功へと導くことに情熱を燃やしています。

奥さんと3歳の息子さんとの3人家族で、読書、家族や友だちとの旅行を趣味としています。
バンスのお気に入り製品はジェイドレモン ヴァイタリティ。香りがユニークで、台湾の原料が使われていることも大好きな理由の一つだそうです。